FC2ブログ

ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

タイムマシン隕石

冬の夜空は空気が澄み、星が見えやすいという時期です。
特に関東地方は空気が乾燥し晴れている期間があるので更によい条件です。
月が新月の時期もよいですが、2011年3月は4日?5日辺りが新月で夜空が暗い日でした。
そこで今回は夜空を見上げるのではなく、空から降ってきたもの、「隕石」から考えたことを書いてみたいと思います。

3月8日「PNAS」(Proceedings of the National Academy of Sciences )のによると、
南極で発見された始原的(始原的とは地球進化の最初期の状態を保存していると考えられるものに用いる)な隕石から
アンモニア成分が発見されたとのこと。

このことは更に調べてみると
「隕石からアンモニアが発生するということは、生命活動に必要な形の窒素は隕石から供給された可能性を示唆しており、
生命の誕生にはこれらの隕石から出てきたアンモニアが大きな役割を果たしてきたのではないかと考えられる。
生命がどのように誕生したのかは大きな謎であり、今回の研究は生命誕生の謎を解く鍵となるだけでなく、
生命が誕生した頃の地球の環境を探る鍵となるのではないかと感じさせる」
と愛読のアストロアーツさまHPに記されていました。

星や宇宙のことにふれてみると、地球のことがよくわかる、命のことも考えることができることがうれしいです。生命誕生の謎は自分が小学生の時から謎です。
どのように無機的なものから有機的なもの=命が発生してきたのか、
タイムマシンができたら確認したいとずっと思っています。
もしかしたらこの「隕石」がタイムマシンかもしれません。
自分も生物体として地球上に存在し、また命を続けていくために命をたくさんいただいています。
宇宙のことを考えることは命を考えることだと思うのです。


香川 明夫(フォーラム運営委員)


スポンサーサイト
2011-03-09 09:12 : 名称未設定_4 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ハートレイ彗星

今回のテーマは「ハートレイ彗星」(ハートレイという人が発見した)です。

よく似た名前で「ハレー彗星」がありますが,かなり違う彗星です。
ハートレイ彗星は、約6年半の周期で太陽の周りを回っている周期彗星です。
ハレー彗星は周期が76年で次回お目にかかれるのは2061年夏です(予定)。

10月28日には太陽にもっとも接近して4?6等星程度の明るさに見えるそうです。
4等星というのは多分可視のギリギリだと思いますが,目を凝らして見てみようと思います。
どの辺りに何時頃見られるのかは国立天文台のHPで確認できます。

彗星の不思議なところは
●周期周回の間に他の惑星や恒星にぶつからないで回っていること
●尾の部分(正確には2本ある)が進行方向と同じときがあること(太陽風などの影響)
●尾の材料となる氷や固体化したガスの元がいつまで経ってもなくならない
など大きな宇宙からすれば些細な事かも知れませんが,地上から考えると不思議なできごとです。

今回の彗星はかなり頻繁に地球から観測できる彗星ですが,次回地球から観測できるまでに少しでも食を取り巻くさまざまな問題が解決もしくはよい方向への動きが生まれているといいなと思います。

さあ,が見つかるかも知れません。
宇宙人や彗星を発見したらぜひお知らせください。                             

香川 明夫(フォーラム運営委員)
2010-10-12 19:16 : 名称未設定_4 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あかつき

今回は「金星」について書き込みます。金星は太陽系の中で地球の兄弟星といわれていて、「宵の明星」など日常にとけ込んでいる惑星です。
 最近の大きな話題では金星探査機を日本が打ち上げたということで再注目されています。

 ちょっと話題は変わりますが、日本が宇宙に探査機や衛星を送り込む時に命名される名前が私は大好きです。たとえば「月」の裏側を撮影しにいった探査機は「かぐや」、「かぐや」から分離した2つの衛星は「おきな」と「おうな」=かぐや姫をはぐくんだおじいさんおばあさん、太陽系小惑星「イトカワ」(この惑星の命名も日本が関わっています)を探査した「はやぶさ」そして今回の金星は「あかつき」です。いかがですか。格好いいでしょ!!

 話を本題に戻します。金星は惑星ですから自転しています。太陽系の中で唯一回転が他の惑星と逆です。赤道の傾斜角が178度とほぼ180度に近いことから地球のような四季の変化はないといわれています。「スーパーローテーション」といわれる現象(金星を覆う大気が自転の早さを上回っている)などまだまだ、謎が多く調べる必要がある惑星です。
 さらに、今私たちの地球は温暖化という環境問題に直面しています。その原因は二酸化炭素による温室効果ですが、金星はものすごく温暖化現象が進み地表は460度前後だといわれています。これから地球が進んでいくことになっては大変です。
 地球からみる金星はとてもきれいで、そんな灼熱の星ということは想像できません。しかしその星に向かってずんずん進んでいき、細かいデータを地球に送ってくれる「あかつき」の活躍にとても期待しています。

 これから金星をみることができる時間や方角はhttp://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics02.jpgで確認してください。
きっと宇宙のロマン・科学技術の進歩・明るい地球の未来がみえるに違いありません。

                              (運営委員 香川明夫)
2010-06-07 20:55 : 名称未設定_4 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

 ホームページメニュー

/ // // // // / / //////

*ブログは携帯からも閲覧できます。
ブログ用QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。